シミ退治に有効なのは美容成分たっぷりの化粧品

シミを何とかして消したい!そんな思いから生まれた化粧品

シミ退治に有効なのは美容成分たっぷりの化粧品

レディ

シミのタイプに合わせて使おう

セルフケアで薄くできるシミは、老人性色素斑や炎症性色素沈着などです。主に紫外線が原因のシミや、ニキビ跡や虫刺されでシミになった状態は化粧品で薄くすることが可能となります。逆に、遺伝性の強いそばかすはセルフケアで消すことは難しいでしょう。

化粧品の選び方

シミに効く化粧品は、美白成分が含まれている一般化粧品、医薬部外品、医薬品のいずれかになります。選ぶ時に注目してほしいのが、国が認めた成分で作られているかどうかです。この場合は医薬部外品や医薬品がそれに該当するため、シミに効く化粧品と考えてOKです。なお、シミを予防、または薄くする成分はアルブチン、トラネキサム酸、ビタミンC誘導体などがあります。

正しい使い方

化粧品の正しい使い方は、クレンジング、化粧水、美容液、乳液、クリームの順です。洗顔後は特に脂分が少ない状況なので乾燥しやすくなります。そのため、水溶性の化粧品で効率よく浸透させるわけです。この使い方なら、シミにもよく効いてくれそうですね。

長く使い続けることが大事

一度できてしまったシミはそう簡単に消えません。美容成分がたっぷり含まれているものでも、効果が出るまで数か月はかかるでしょう。結果が目に見えないと挫折しそうですが、続けてよかったと思える結果が出れば達成感を味わえます。

医薬品と医薬部外品の違い

効き目の強いものが医薬品

医薬品とは、医師が処方する薬のことで一般医薬品の場合は、ドラッグストアで気軽に購入できるものです。作用は少し緩やかですが、普通の化粧品よりも効き目は強い方です。また効果が実証されている化粧品も医薬品の部類に入ります。

化粧品と医薬品の間にいるのが医薬部外品

医薬品ではありませんが、医薬部外品の化粧品には、有効成分を決められた量で含んでいるため、効果はあります。ただ、医薬品よりは効果は若干落ちてしまうでしょう。一般的には、シミやしわなど肌トラブルを予防する際に使われています。

広告募集中